不倫?浮気?離婚原因として認められる「不貞行為」とは何か

不貞行為とは、「配偶者のある者が、その自由意思に基づいて配偶者以外の者と性的な肉体関係を持つこと」をいいます。

夫婦はお互いに貞操義務を負っており、この義務に反して、一方が婚姻関係外の異性との性的な肉体関係を行った場合には、他方は配偶者の不貞行為を理由に離婚を請求できます。

不貞行為を理由に離婚請求する場合には、離婚を請求する側が、「配偶者と婚姻関係外の異性との不貞行為の事実があったこと」を立証しなければなりません。

裁判では不貞行為によって「婚姻を破綻させたのかどうか」が焦点になります。

肉体関係のない「浮気」

配偶者が異性とデートをしたり、メールのやりとりをしたり、キスをしたりしていたとしても、性的な肉体関係の事実がなければ、「不貞行為」にはあたりません。

あくまでも性的な肉体関係があったのかどうかが問題です。

性的な肉体関係な伴わない、いわゆるプラトニックな関係では「不貞行為」として離婚請求はできませんが、このことが婚姻関係の破綻の原因になれば「婚姻を継続しがたい重大な事由」として、離婚請求は可能です。

1回限りの不貞

1度だけの性的な肉体関係を伴う場合も、当然「不貞行為」にあたります。

ただし、裁判で離婚原因として認められる不貞行為とは、ある程度継続的な肉体関係を伴うものでなければならないと考えられています。

もっとも、1度だけの不貞行為なら許されるということではなく、この1度だけの不貞行為でも、このことが原因で婚姻関係を破綻させたと判断されれば「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたることもありえます。

婚姻関係が破綻した後での不貞

夫婦関係が既に破綻している状態で、その後に配偶者が異性と性的関係を持った場合、この性的関係と夫婦関係の破綻には因果関係が認められないため、「不貞行為」を理由に離婚請求はできません。

これは別居中に限らず、同居中でも既に家庭内別居の状態であると客観的に判断されれば、離婚請求が棄却されてしまう場合もあります。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿