学生・生徒の休業損害の算定方法

休業損害とは、交通事故で負傷したために治療を受けざるをえなくなり、その結果休業を余儀なくされたことで収入が減少してしまうことを指します。

では、学生や生徒の場合には休業損害が認められるでしょうか。

原則

学生・生徒の場合には、そもそも就労の事実がないため、原則として休業損害は発生しません。

例外

学生や生徒がアルバイト収入を得ている場合については、休業損害が認められる場合があります。

その場合には、給与所得者の場合と同様に、会社から休業損害証明書を発行してもらう必要があります。

卒業・就職時期が遅れた場合

治療が長期に及んだ結果、学校の卒業や就職時期が遅れる場合があります。

そのような場合には、通常どおり就職していれば得られていたはずの給与額が損害として認められます。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿