交通事故における慰謝料の相場

交通事故のご相談でお問合せの多いものに、

「交通事故の慰謝料の相場はいくらくらいなのですか」

というものがあります。

このようなお問合せを受けることになる原因は、交通事故の加害者が加入していた任意保険会社から損害賠償額の提示を受けた際に、その任意保険会社が計上している慰謝料の金額を見て「こんなものなのか?」という疑問を持たれるからにほかなりません。

そこで、交通事故の慰謝料についての考え方についてご説明いたします。

交通事故の損害賠償額の算定基準には3種類あります。

自賠責保険における支払基準、任意保険会社の基準、そして裁判基準と呼ばれるものです。

このうち、自賠責保険における支払基準は、交通事故の被害者保護のために最低限度の補償をするために定められたものです。

したがって、自賠責保険における支払基準に定められた慰謝料の金額はあくまでも最低限度の金額であるということになります。

これに対して、裁判基準における慰謝料の金額は、交通事故の被害者が適正な損害賠償を受ける場合の基準です。

したがって、裁判基準における慰謝料の金額が弁護士から見た慰謝料の相場ということになります。

では、任意保険会社の基準はどのように考えるべきでしょうか。

まず、任意保険会社は営利を目的とした会社です。

したがって、任意保険会社としては、交通事故の被害者に対して損害賠償金を支払う場合、その金額を少しでも低くしようとします。

これは、会社である以上は当然のことであり不正なことをしているわけではないのですが、交通事故の被害者からすれば何ら関係のない事情であるといえます。

また、任意保険会社は、交通事故の被害者に対して損害賠償金を支払った後、自賠責保険に対して、自賠責保険の支払基準に従った保険金額の支払いを求めることができます。

このことからいえることは、任意保険会社が交通事故の被害者に対して支払う慰謝料の金額が、自賠責保険の支払基準に従った慰謝料の金額に近ければ近いほど、任意保険会社としては損失が少ないことになります。

任意保険会社が自賠責保険の支払基準に従った慰謝料の金額を支払った場合には、後に自賠責保険からその全額を回収することになりますので、損失は「0円」ということになるわけです。

このように、任意保険会社における基準というのは、被害者に向けたものであるというものではなく、「会社が少しでも損失を抑えて利益を出すための基準」といった、会社の内部での基準であるといえます。

だからこそ、任意保険会社は自社の基準を決して公表することはありません。

以上より、任意保険会社が提示する慰謝料の金額は慰謝料の相場ということはできません。

そして、自賠責保険の支払基準があくまでも被害者の最低限度の補償のためのものであることからすると、弁護士から言わせていただくならば、交通事故における慰謝料の相場は、裁判基準における金額であるということになります。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿