電話相談は可能か

「弁護士に対して、電話で相談することはできないのか」とのご質問やお問合せを受けることがあります。

たしかに、多くの弁護士や法律事務所では、電話でのご相談に応じていないのが現状です。

その理由には様々なものがあると思います。

電話でのご相談では事案が把握できないとか、弁護士に相談するのは面談が原則だとか、もっといえば、そもそも面倒だとか、見ず知らずの方から電話で相談されても困るとか、相談料を受領できない等の表立ってはいえないような理由もあるかもしれません。

かくいう私も、電話でのご相談には有料・無料を問わず対応できていません。

ただ、その理由は、上記のような理由ではなく、

「十分に対応できるという保障がないから」

というのが理由です。

弁護士は、裁判所や法律相談センター、場合によっては依頼者のご自宅や交通事故の現場など、事務所から外出していることが多くあります。

事務所内にいるときでも、依頼者との打合せや面談による法律相談を行っていることがあります。

また、電話についても、依頼者や顧問先との打合せ、裁判所や検察庁との協議、事件の相手方やその弁護士、債務整理であれば各金融機関などの債権者との交渉などを電話で行っています。

そうすると、弁護士が電話でのお問合せやご相談をお受けするとしたら、これら以外の時間帯しか対応ができないということになります。

そして、電話でのご相談を受けた際に、まさに外出しようとしている場合や時間が差し迫っている場合には、中途半端な形でしかご相談をお受けすることができません。

弁護士に相談しようとしている方々は、身の回りに起きたトラブルに悩み、苦しんでいるところだと思います。

そして、弁護士に相談しようと決心することにもストレスがあるでしょうし、どの弁護士に相談しようかということにも迷われていることでしょう。

そうして、ようやく相談しようと決めた弁護士にいざ電話をかけてみると、「電話での相談は受けていない」と言われてしまう、このような事態は相談者にとってはやはりつらいものだと思います。

私としては、電話での相談に全く対応するつもりがないというわけではありません。

十分に対応できる保障がないため、かえってご迷惑をおかけしてしまうのではないかという思いがあるからです。

だからこそ、弁護士へのアクセス方法を広げるために、メール相談を実施しています。

実際に、メール相談をご利用いただいた方からも評価いただいているようです。

それでもやはり、少しでも早く弁護士に相談するために電話での相談を受け付けてほしいという方もいらっしゃると思います。

当然、そのような需要があることも認識しています。

そこで、外出や依頼者との打合せ中であるために電話でのご相談に対応できないということをご理解の上で、電話でのご相談を希望されるということであれば、私としてはできる限りそのご希望にお応えしたいと思っています。

電話やメールでのお問合せやご相談をお待ちしております。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください