交通事故による後遺障害とは何か

交通事故における「後遺障害」とは「傷害が治ったとき身体に存する障害をいう」とされています(自動車損害賠償保障法施行令2条1項2号柱書)。

つまり、後遺障害とは、交通事故によって受傷した場合に、その傷害自体は治癒されてもなお身体に障害が残ってしまっている状態のことをいいます。

この後遺障害には部位や程度など非常にさまざまなものがあります。

後遺障害は、基本的には完全に元通りの状態に戻るということが難しく、被害者は、長期間、場合によっては生涯その後遺障害を負っていかなければならないという非常に大きな負担を課されます。

それだけに、後遺障害が認められる場合には、その損害額も大きなものになります。

症状固定

後遺障害とは治癒が困難であるという場合ですが、治癒が困難な障害があるといえるかどうかについては、まず診断をしてみなければ分かりません。

つまり、交通事故の被害にあった後、医師による診察・治療を受け、その結果、治癒に至らない障害があるということが判明することになります。

そして、これ以上治療を施しても治癒が困難な障害があると判断されることを「症状固定」と呼んでいます。

症状固定と判断することの意味

後遺障害においては、この症状固定の時期をどの時点とするかは重要な意味を持ってきます。

後遺障害が認められる場合、事故による後遺障害が原因で事故以前のように働けなくなり収入を失う、または収入が減少するということがありますが、この事故によって得られるはずだった利益を得られなくなった場合にその失った利益を損害としてその賠償を請求することが可能です。

その場合、症状固定前に失った利益を休業損害、症状固定後に失うことになるであろう利益を逸失利益といいますが、その計算方法が異なります。

また、症状固定時を基準として、症状固定前の治療費と症状固定後の治療費に分けることになりますが、症状固定後の治療費については原則として認められないものとされています。

このように、症状固定は、損害の項目・内容・計算方法・金額を判断するための基準とされているといえます。

保険会社による打ち切りと症状固定の関係

交通事故から一定の期間が経過すると、保険会社からの治療費の支払いが打ち切られる場合があります。

しかし、これは保険会社側の都合に過ぎず、この時点をもって症状固定時とされるわけではありません。

症状固定についての判断はあくまでも法的な判断ですが、医学的な判断は医師が行います。

後遺障害等級

後遺障害といってもその部位や症状・程度はさまざまです。

植物状態という重篤な場合もあれば、比較的軽微で日常生活にはほとんど差支えがないというような場合もあります。

そこで、自賠責保険の適用がある後遺障害の場合、その後遺障害の部位や症状・程度ごとに一定の基準が設けられています。

この基準を「後遺障害等級」といいます。

後遺障害等級の役割

自賠責保険に保険金を請求するにあたっては、その後遺障害がどの等級に当たるのかということを認定する必要があります。

自賠責保険の保険金額は、後遺障害等級ごとに上限が決められています。

そのため、後遺障害等級は、自賠責保険の損害賠償金額の上限を画するという意義をもっているといえます。

また、逸失利益の算定や後遺障害慰謝料の算定においても意味を持ってきます。

後遺障害による逸失利益は「1年当たりの基礎収入 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数」によって算定しますが、この労働能力喪失率も後遺障害等級ごとにその割合が定められています。

慰謝料の金額も同様に後遺障害等級ごとに金額が決められています。

後遺障害等級の認定

後遺障害等級は自動車損害賠償保障法施行令の別表(第1および第2)において定められています。

この別表に基づき、どの等級に当てはまるのかを損害保険料率算出機構が認定します。

この機構による認定に不服がある場合には異議申立てができます。

訴訟における後遺障害等級の意義

後遺障害等級は自賠責保険における基準ですが、後遺障害の等級認定がなされた場合には、任意保険においてもその認定結果を尊重し、その認定された等級に基づく損害賠償金が支払われることになります。

もっとも、裁判所は、損害保険料率算出機構が認定した後遺障害等級や「自動車損害賠償責任保険の保険金額及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準」に拘束されることはありません。

つまり、裁判所は、個別の事情に応じて、労働能力喪失率や慰謝料の金額などを独自に判断できます。

したがって、仮に自賠責保険では等級10級しか認められなかったとしても、判決においては等級9級レベルの労働能力喪失率や慰謝料金額が認定されることもあります。

後遺障害の内容

交通事故における損害賠償請求においては、自賠責保険の後遺障害等級が非常に重要な意味を持っています。

後遺障害等級は、自賠責保険からの保険金の支払いにおける基準となるものですが、任意保険に対する請求の場合や訴訟での請求の場合でも、損害保険料率算出機構が認定した等級が尊重され、それを基準として損害賠償金額が算定されることが多いからです。

この後遺障害等級は、交通事故によって被った後遺障害の部位や症状・程度によって区分されています。

具体的には、自動車損害賠償保障法施行令別表第1および第2に等級ごとの後遺障害の内容が定められています。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿