耳の後遺障害にはどのようなものがあるか

耳の後遺障害は、内耳等の障害としての聴力障害と、耳殻の障害としての欠損障害があります。

なお、内耳損傷による眩暈等の平衡機能障害については、内耳神経の障害以外にも中枢神経系の障害により症状が現れる場合も多いため、「神経系統の機能障害」として認定します。

聴力障害

両耳の聴力

等級 後遺障害の内容 労働能力
喪失率
後遺障害慰謝料
(自賠責保険)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
第4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの
・両耳の平均純音聴力レベルが80db以上であり、かつ最高明瞭度が30%以下のもの
92% 712万円 1670万円
第6級3号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上のもの
・両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上80dB未満であり、かつ最高明瞭度が30%以下のもの
67% 498万円 1180万円
第6級4号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
・1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上であり、かつ他耳の平均純音聴力レベルが70dB以上のもの
67% 498万円 1180万円
第7級2号 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが70dB以上のもの
・両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ最高明瞭度が50%以下のもの
56% 409万円 1000万円
第7級3号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
・1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上であり、かつ他耳の平均純音聴力レベルが60dB以上のもの
56% 409万円 1000万円
第9級7号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが60dB以上のもの
・両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ最高明瞭度が70%以下のもの
35% 245万円 690万円
第9級8号 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
・1耳の平均純音聴力レベルが80dB以上であり、かつ他耳の平均純音聴力レベルが50dB以上のもの
35% 245万円 690万円
第10級5号 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上のもの
・両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上であり、かつ最高明瞭度が70%以下のもの
27% 187万円 550万円
第11級5号 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上のもの
20% 135万円 420万円

一耳の聴力

等級 後遺障害の内容 労働能力
喪失率
後遺障害慰謝料
(自賠責保険)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
第9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの
・1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの
35% 245万円 690万円
第10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
・1耳の平均純音聴力レベルが80dB以上90dB未満のもの
27% 187万円 550万円
第11級5号 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
・1耳の平均純音聴力レベルが70dB以上80dB未満のもの
・1耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、且つ最高明瞭度が50%以下のもの
20% 135万円 420万円
第14級3号 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
・1耳の平均純音聴力レベルが40dB以上70dB未満のもの
5% 32万円 110万円

聴力検査

純音を聴き取る「純音聴力レベル」の聴力検査と、語音を聞き分ける「明瞭度」を調べる語音聴力検査の2種類があります。

①純音聴力検査

普通の人がぎりぎり聞こえるか聞こえないかの大きさの音を0dB(デシベル)とし、被験者の聴力と比較する検査です。音は空気中を伝わってくるものと、骨を伝わって内耳に直接入ってくる音の2種類があります。このため、聴力を測る場合は、気導聴力検査と骨導聴力検査の2種類を行います。

②語音聴力検査

「ア」や「カ」などの語音の聞き分けができているかにより検査を行います。この検査の結果がよくない場合、音としては聴こえるけれども相手の話している事がわからないという症状がでます。

なお、明瞭度の単位は「%」で表します。一般的に、明瞭度が50%を下回ると、補聴器を使っても効果が出にくいと言われています。

欠損障害

等級 後遺障害の内容 労働能力
喪失率
後遺障害慰謝料
(自賠責保険)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
第12級4号 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの 14% 93万円 290万円

耳殻の大部分の欠損

耳殻の軟骨部の1/2以上を欠損したものをいいます。

外貌醜状との比較

耳の欠損障害の場合には、耳の欠損障害としてとらえた場合の等級と、外貌の醜状障害としてとらえた場合の等級を比較し、等級が高い方のみを認定します。

たとえば、耳殻の大部分の欠損は耳の後遺障害の場合12級になりますが、醜状障害の場合は7級に該当します。

この場合、7級が認定されます。

耳殻の軟骨部の1/2以上の欠損に達しない場合で、「外貌に醜状を残すもの」の程度に該当する場合は、12級が認定されます。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください