眼の後遺障害にはどのようなものがあるか

眼の後遺障害は、眼球の後遺障害と、まぶたの後遺障害に分かれます。

眼球の後遺障害はさらに視力障害・調節機能障害・運動障害・視野障害に分かれます。

また、まぶたの後遺障害はさらに欠損障害、運動障害に分かれます。

眼球の後遺障害認定基準

視力障害

等級 後遺障害の内容 労働能力
喪失率
後遺障害慰謝料
(自賠責保険)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
第1級1号 両眼が失明したもの 100% 1100万円 2800万円
第2級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの 100% 958万円 2370万円
第2級2号 両眼の視力が0.02以下になったもの 100% 958万円 2370万円
第3級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの 100% 829万円 1990万円
第4級1号 両眼の視力が0.06以下になったもの 92% 712万円 1670万円
第5級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの 79% 599万円 1400万円
第6級1号 両眼の視力が0.1以下になったもの 67% 498万円 1180万円
第7級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの 56% 409万円 1000万円
第8級1号 1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの 45% 324万円 830万円
第9級1号 両眼の視力が0.6以下になったもの 35% 245万円 690万円
第9級2号 1眼の視力が0.06以下になったもの 35% 245万円 690万円
第10級1号 1眼の視力が0.1以下になったもの 27% 187万円 550万円
第13級1号 1眼の視力が0.6以下になったもの 9% 57万円 180万円

視力

全て矯正視力を指しています。

矯正視力とは、眼鏡、コンタクトレンズや眼内レンズを使用して測定した視力をいいます。

メガネ、コンタクトレンズや眼内レンズをしても、上記に対応する視力がない場合に、視力障害と認められます。

裸眼視力での後遺障害の認定は、矯正を行うことが不可能な場合のみ行われます。

失明

以下の場合を指します。

  • 眼球を亡失(摘出)したもの
  • 明暗を弁じ得ないもの
  • 明暗をようやく弁ずることができる程度のもの

※明暗弁(光を点滅させ、明暗を弁別できる視力)や手動弁(掌を眼前で左右上下に動かし、動きを弁別できる能力)を含む。

調節機能障害

等級 後遺障害の内容 労働能力
喪失率
後遺障害慰謝料
(自賠責保険)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
第11級1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの 20% 135万円 420万円
第12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの 14% 93万円 290万円

調節機能

対象に対してピントを合わせる機能をいいます。

著しい調節機能障害を残すもの

調節力が通常の場合の1/2以下になる場合をいいます。

負傷したのが1眼のみであり、他眼の調節力に異常がない場合は、他眼の調節力との比較により判定します。

また、障害を負ったのが両眼である場合、又は負傷していないが他眼にも調節力の低下がみられる場合は、以下の表との比較により判定します。

この場合の年齢は、症状固定時における年齢をもとに判定します。

年齢 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65
調節力(D) 9.7 9 8 6.3 5.3 4.4 3.1 2.2 1.5 1.4 1.3

運動障害

等級 後遺障害の内容 労働能力
喪失率
後遺障害慰謝料
(自賠責保険)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
第10級2号 正面を見た場合に複視の症状を残すもの 27% 187万円 550万円
第11級1号 両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの 20% 135万円 420万円
第12級1号 1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの 14% 93万円 290万円
第13級2号 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの 9% 57万円 180万円

複視

ひとつの物が二重に見えることをいいます。

複視を残すもの

次のいずれにも該当するものをいいます。

  • 本人に自覚症状があるもの
  • 眼筋の麻痺等複視を残す明らかな原因が認められること
  • ヘススクリーンテストにより患側の像が水平方向又は垂直方向の目盛で5度以上離れた位置にあることが確認できること

ヘススクリーンテストとは、指標を赤緑ガラスで見たときの片眼の赤像、他眼の緑像から両眼の位置のずれを評価する検査方法です。

正面視で複視を残すもの

ヘススクリーンテストにより、正面視で複視が中心の位置にあることが確認されたものをいいます。

「正面視以外で複視を残すもの」とはその他の場合をさします。

著しい運動障害を残すもの

眼球の注視野の広さが1/2以下に制限されているものをいいます。

注視野とは、頭部を固定した状態で眼球のみを動かして直視することのできる範囲をいいます。

視野障害

等級 後遺障害の内容 労働能力
喪失率
後遺障害慰謝料
(自賠責保険)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
第9級3号 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの 35% 245万円 690万円
第13級3号 1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの 9% 57万円 180万円

視野

眼前の一点を見つめていて、同時に見える外界の広さをいいます。

視野の測定はゴールドマン型視野計によります。

半盲症

注視点を境界として、両眼の視野の右半分又は左半分が欠損する症状をいいます。

視野狭窄

視野が狭窄することを意味します。

視野狭窄には同心性視野狭窄と、不規則性視野狭窄があります。

同心性視野狭窄

中心部分ははっきり見えるが、周辺部分が見えにくく、視野全体が狭くなるもの。

不規則性視野狭窄

不規則に欠けて視野が狭くなるもの。

視野変状

視野欠損と暗点のことを指します。

まぶたの後遺障害認定基準

欠損障害

等級 後遺障害の内容 労働能力
喪失率
後遺障害慰謝料
(自賠責保険)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
第9級4号 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの 35% 245万円 690万円
第11級3号 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの 20% 135万円 420万円
第13級4号 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの 9% 57万円 180万円
第14級1号 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの 5% 32万円 110万円

まぶたに著しい欠損を残すもの

まぶたを閉じたときに角膜を完全に覆うことができない程度のもの

まぶたの一部に欠損を残すもの

瞼を閉じたときに角膜を完全に覆うことはできるが、白目の部分が露出している程度のもの

まつげはげを残すもの

まつげのはえている周辺の1/2以上にわたってまつげのはげを残すもの

運動障害

等級 後遺障害の内容 労働能力
喪失率
後遺障害慰謝料
(自賠責保険)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
第11級2号 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの 20% 135万円 420万円
第12級2号 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの 14% 93万円 290万円

まぶたに著しい運動障害を残すもの

まぶたを開いたときに瞳孔を完全に覆うもの、又はまぶたを閉じたときに角膜を完全に覆うことができないもの

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿