交通事故による後遺障害慰謝料の算定方法

交通事故によって傷害を負った場合、被害者は財産的な損害を受けるだけでなく精神的な苦痛も被ることになります。

特に後遺障害が残ってしまったような場合にはその精神的苦痛も大きなものとなります。

そのため、後遺障害が認められる場合には、傷害慰謝料とは別に後遺障害慰謝料を請求できることになります。

もっとも、どの程度の精神的な苦痛を被ったのかというのは千差万別であるため、個別に客観的な判定をすることが困難です。

しかし、だからといって精神的損害を認めないというのも被害者の保護に反します。

そこで、後遺障害慰謝料の金額については実務上一定の基準が設けられています。

この後遺障害慰謝料は、自賠責保険の基準・任意保険会社の基準・裁判基準でそれぞれ金額が異なります。

自賠責保険における基準

自賠責保険における後遺障害の慰謝料は後遺障害の等級に応じて定められています。

任意保険における基準

任意保険における後遺障害慰謝料の基準については各保険会社によって異なります。

裁判における基準

以下は自賠責保険における基準と裁判基準についての比較表です。

等級 自賠責基準 裁判基準
別表第一
第1級 1600万円 2800万円
第2級 1163万円 2370万円
別表第二
第1級 1100万円 2800万円
第2級 958万円 2370万円
第3級 829万円 1990万円
第4級 712万円 1670万円
第5級 599万円 1400万円
第6級 498万円 1180万円
第7級 409万円 1000万円
第8級 324万円 830万円
第9級 245万円 690万円
第10級 187万円 550万円
第11級 135万円 420万円
第12級 93万円 290万円
第13級 57万円 180万円
第14級 32万円 110万円
Pocket
LINEで送る

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください