子供に会いたい、会わせたくない-面会交流とは何か

面会交流権とは、親権・監護権がない親が、子供と面会したり、一時的に過ごしたりする権利のことです。

親としては当然に有する権利であり、子供が別れた親に会える権利でもありますので、監護者は一方的には拒否できません。

正当な理由がないにもかかわらず面会を拒否した場合には親権者の変更や監護者の変更の原因になることもあります。

面会交流の決め方

原則としては夫婦の協議により、子供との面会の日時や場所、方法、頻度などの具体的な交流方法について決めます。

夫婦の協議で決まらない場合には、家庭裁判所に面会交流の調停を申し立て、調停委員などを交えて面接回数、面接方法などを取り決めます。

調停で協議が調わない場合は自動的に審判手続きが開始され、裁判官が審判を下します。

なお、一方の親が子供を連れて別居し、他方の親と子供を会わせないようにしている場合にも、家庭裁判所に面会交流権の調停・審判を申し立てることができます。

面会交流権の制限や停止

面会交流権はあくまでも子供の福祉や利益を最優先に考えて決めるべきものであり、親のエゴによる権利の濫用は許されません。

子供の面接の際に復縁を迫ったり、金銭の無心をしたり、または子供に過剰な小遣いを与えたり、監護者の悪口を言い聞かせるなど、子供の心理に悪い影響を与えた場合などは、親権者(監護者)は、面会交流権の制限を家庭裁判所に申し立てることができます。

また、子供を連れ去ろうとしたり、子供や親権者(監護者)に暴力を振るったりした場合などには面会交流を禁止されることもあります。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿