遺言書

遺言は人生における最後の意思表示です。

遺言には、ご自分の死後に家族でもめてほしくないという願いが込められていることでしょう。

しかし、遺言書の作成については厳格なルールが存在し、そのルールに違反していると遺言書は無効になってしまいます。

つまり、あなたの人生における最後の意思表示はなかったものとして扱われてしまうのです。

このようなことがないように弁護士がアドバイスをすることにより正式な遺言書を作成する必要があります。

また、遺言書はただ作成すればよいというものではありません。

あなたの人生における最後の意思表示を実際に実行するためには「遺言執行者」が必要です。

もしあなたの遺言により不利益を被る相続人があなたの遺言書を発見したとしたら、その遺言書は日の目を見ることなく破棄されるかもしれません。

そうなってしまうと、あなたの家族への感謝や願い事などの人生における最後の意思表示はご家族に届かないということになりかねないのです。

このようなことがないように、あなたが作成した遺言書を大切に保管し、あなたがお亡くなりになった後、あなたの遺言を実行するためには、やはり弁護士の存在が必要となってくるのです。

あなたの人生最後の意思表示を実現するための最良の方法について、相談いただければと思います。

Pocket
LINEで送る