不倫の証拠とは

配偶者の不倫相手に対して慰謝料を請求したいとの相談を受けた際、「不倫の証拠は何が必要ですか?」と言われることがよくあります。

ここでいう「不倫」というのは法律用語ではありません。

「不倫」「浮気」という定義は人それぞれの価値観に左右されますので、ここでは「不倫」のことを「不貞行為」と同じ意味で考えることにします。

そもそも不貞行為とは「配偶者のある者が、自由意思に基づいて、配偶者以外の第三者と性交渉をすること」をいいます。

つまり、「不倫の証拠」といわれれば、「配偶者と不倫相手との性交渉の証拠」をいうことになります。

そうすると、その現場を撮影した写真やビデオなどが完璧な証拠になります。

もっとも、このような写真やビデオを入手することはほとんどありません。

では、どのような証拠が必要になるでしょうか。

まず、配偶者自身や不倫相手の証言が証拠になります。

つまり、不倫をしていた事実をいずれかが認めているという事実です。

しかし、この点については、慰謝料を請求した際に「本当は不倫はしていない」などと言い出すことがあります。

そこで、不倫の事実を認めている場合には、そのことを書面にしてもらうか、録音をしておくことをお勧めします。

配偶者自身や不倫相手が不倫の事実を認めていない場合には、例えば配偶者と不倫相手がラブホテルに入っていくところを友人や知人などが目撃したという場合にはその証言が証拠になります。

その他にも、配偶者と不倫相手がラブホテルに入っていくところを撮影した写真やビデオ、愛人と宿泊したホテルの領収証、クレジットカードの明細なども証拠になります。

最近特に多いのが、配偶者と不倫相手との間のメールです。

ただし、不倫相手とメールのやりとりをしていたというだけでは性交渉があったことを示す証拠とはなりませんので、性交渉があったことをうかがわせるような内容のメールが必要になってきます。

もっとも、何もないよりも少しでも証拠があった方がよいのは当然のことですので、「あやしい」と思われるものであれば証拠として保存しておいたほうが良いでしょう。

証拠としての保管方法ですが、配偶者のメールをプリントアウトしたりご自分のメールアドレスに転送させたりすることもありますが、それが不可能ということもありえます。

その場合には、メールの画面を写真に撮ることをお勧めします。

その際には、送り主だけでなく送信日時なども重要になってきますので、メールの画面を一枚の写真に納めることができない場合には何枚かに分けて写真を撮るようにしてください。

その写真を保存しておき、後日弁護士に相談する際に、その写真を見せていただければ、不倫の証拠となり得るか否かを判断することができるようになります。

いずれにせよ、不倫の証拠は1つだけでなく、数多くあったほうが認められやすいのは確かです。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください