夫・妻、彼氏・彼女の携帯電話・スマホを盗み見た場合の責任

「夫(妻)が浮気(不倫)をしているかもしれない。」

「彼氏(彼女)が二股をかけているかもしれない。」

と浮気・不倫を疑ってパートナーの携帯電話やスマートフォン(スマホ)を無断で盗み見ることがあります。

では、このような他人の携帯電話やスマホを無断で盗み見る行為は問題があるのでしょうか。

ここでは、刑事上の問題と民事上の問題とにわけて解説してみたいと思います。

刑事上の問題

「信書開封罪」にあたるか

よくある質問としては、「勝手に携帯電話やスマホのメールやLINEを盗み見る行為は犯罪ではないのか。」というものです。

この点について該当する可能性があるものとしては「信書開封罪」(刑法第133条)があります。

刑法第133条は「信書開封罪」について

「正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。」

と規定しています。

携帯電話やスマホに届いたメールやLINEを盗み見た行為がこの「信書開封罪」にあたるのではないかという問題です。

この点について、刑法第133条にいう「信書」とは、「特定の人から特定の人にあてられた意思の伝達を媒介する文書」をいいます。

そして、この信書が「封をしてある」ものであることが信書開封罪の要件となっています。

これに対して、携帯電話やスマホに届いたメールやLINEは封をしているわけではありません。

したがって、携帯電話やスマホに届いたメールやLINEを勝手に盗み見たとしても、この信書開封罪には該当しないということになります。

なお、この点はあくまでも現時点における刑法の規定によるものですので、今後刑法が改正された場合には処罰の対象になる可能性もあります。

「不正アクセス禁止法違反」にあたるか

次に問題になるのが、他人の携帯電話やスマホに保存されているメールを勝手に見る行為が「不正アクセス禁止法違反」にあたるかという点です。

この点、不正アクセス禁止法が予定しているのは、「他人のパスワードを用いて他人のサーバーに勝手にアクセスする行為」です。

つまり、他人の携帯電話やスマホに保存されているメールやLINEの画面を呼び出して盗み見る行為自体は、不正アクセス禁止法違反にはあたりません。

ただし、IDやパスワードを不正に入手して勝手にログインした場合には不正アクセスに当たる可能性が高いといえます。

この不正アクセス禁止法違反に該当する場合には、3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられることになります。

民事上の問題

プライバシー侵害による損害賠償責任が発生する

携帯電話やスマホに保存されているメールやLINE、通話履歴、電話帳などはすべて個人のプライバシーに関する情報です。

したがって、他人の携帯電話やスマホを勝手に盗み見る行為は、他人のプライバシーを侵害する不法行為に該当することになります。

したがって、民法709条により、損害賠償として慰謝料を支払わなければならなくなります。

勝手に盗み見て入手した場合には浮気や不倫の証拠になるか

よくある質問としては「勝手に携帯電話やスマホを盗み見て入手したメールのやりとりなどは証拠になるのか?」ということです。

例えば、妻の不倫を疑った夫が妻のスマホを盗み見した際に発見した不倫相手とのメールのやりとりを不貞行為の証拠として提出した場合、裁判所は不貞行為の存在や慰謝料算定の根拠として採用するのかという問題です。

この点については、原則として証拠になります。

たしかに、他人の携帯電話やスマホを盗み見る行為はプライバシーを侵害するという意味では民事上の損害賠償請求の対象となります。

しかし、犯罪行為によって入手した証拠ではありませんし、反社会的な方法(例えば、相手を縛り付けたうえで携帯電話を入手してメールなどを確認したり、不倫相手の自宅に侵入して携帯電話を盗んだりした場合など)でない限り、プライバシーを侵害するといっても違法性の低い行為であると考えられることから、裁判所は証拠として採用します。

もっとも、「証拠として採用する」ということと「証拠として信用できる」ということは別問題です。

証拠として採用するというのは、裁判所が証拠として提出することを認めるという意味であって、その証拠が提出されたからといって不倫や浮気があったことが直ちに認められるわけではありません。

裁判所は、通話履歴やメールだけではなく、その他の事情や証拠なども踏まえて、不貞行為があったか否かを判断することになります。

携帯電話やスマホの盗み見が民事訴訟で問題になるのか

不貞行為を理由にした損害賠償請求訴訟において、配偶者の携帯電話やスマホを盗み見て不倫相手とのメールのやりとりなどを入手し、それを証拠として提出することはよくあります。

これに対して、盗み見られた側の配偶者が「プライバシーの侵害だ」として逆に損害賠償請求をしてくることがあるでしょうか。

これについては「ほとんどない」ということが実情です。

その理由は、たしかに携帯電話やスマホを勝手に盗み見られる行為はプライバシーを侵害されることになりますので、盗み見た相手に対して慰謝料を請求することはできます。

しかし、この場合に認められる慰謝料の金額は、せいぜい数万円から10数万円程度でしょう。

これに対し、不貞行為を理由に慰謝料を請求した場合には、ほとんどのケースが100万円以上、場合によっては数百万円を支払うことになります。

ましてや、自らが不貞行為をして夫婦関係を破綻させておきながら、勝手に携帯電話やスマホを盗み見られたなどというのは「逆ギレ」としか評価されないともいえるでしょう。

そのため、ほとんどのケースではこの点を問題視していないと思われます。

交際中の男女間では意味がない?

携帯電話やスマホを盗み見るという行為は、夫婦の一方が他方の不貞行為を疑って行われることが多いといえます。

そして、その結果、不貞行為が明らかとなり、慰謝料を請求するということになります。

これに対して、交際中の男女間では、この「不貞行為」ということが問題になりません。

不貞行為とは配偶者としての貞操義務に違反する行為を指していますので、夫婦関係にはない単なる交際関係であるという場合には法律上の貞操義務がないということになるからです。

したって、交際中の彼氏(彼女)の浮気を疑ってパートナーの携帯電話やスマホを盗み見て、そこに浮気の証拠となるようなメールやLINEのやりとりを発見したとしても、交際中の彼氏(彼女)に貞操義務違反を理由として慰謝料を請求することはできません。

逆に、携帯電話やスマホを盗み見るという行為は相手のプライバシーを侵害することになりますので、損害賠償として慰謝料を支払わなければならなくなります。

刑事上・民事上の問題がなければ他人の携帯電話やスマホを盗み見ても良いのか

このように、刑事上・民事上の問題がない(あったとしてもたいしたことではない)ということがわかり、「それなら他人の携帯電話やスマホを見ても大丈夫だ」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、他人のプライバシーを盗み見るという行為がたとえ犯罪にあたらないとしても、たとえ少額の慰謝料を払えばよい程度の違法性の低い行為であったとしても、やはりやめておくべきケースはあります。

これはモラルの問題でもありますが、それ以上に、ご自身に降りかかるであろうことについても触れておきたいと思います。

罪悪感しか残らない

夫や妻の携帯電話やスマホを盗み見るという最大の目的は「夫(妻)が浮気や不倫をしていないか確かめるため」でしょう。

このことは、交際中の間柄であっても、同様の目的で彼氏や彼女の携帯電話やスマホをチェックしていると思います。

しかし、このような行動にでるのは、夫や妻、彼氏や彼女を疑っているという気持ちがあるからこそだといえます。

例えば、夫や妻が不倫をしていることはほぼ間違いないがその証拠がないという場合に、携帯電話やスマホに不倫を明らかにする証拠が残されていないかを確認するために盗み見するという場合には、仮に携帯電話やスマホにその証拠がなかったとしても、別の方法で不倫の事実を明らかにすることを考えることになるでしょう。

しかし、漠然と、浮気や不倫をしていないかを確認するために携帯電話やスマホを盗み見し、浮気や不倫の事実がないことが確認できたとしても、安心感を得ることはありません。

むしろ、夫や妻、彼氏や彼女を疑ってしまったという罪悪感や、他人のプライバシーの領域に足を踏み入れたことに対しての後ろめたさのほうが強く残るはずです。

盗み見されたパートナーとの関係が悪化する

パートナーの携帯電話やスマホを盗み見する人のほとんどが、自分の携帯電話やスマホをパートナーに見られることを嫌がるでしょう。

それは、プライバシーを侵害されたからという点もあるでしょうが、それ以上に、自分がパートナーに疑われたという事実そのものを腹立たしく思うからです。

つまり、他人の携帯電話やスマホを盗み見るという行為は、自分がされたら許せないことを他人に対してやっていることを意味します。

そして、その行為の根底にあるのは、夫や妻、彼氏や彼女のことを「信用していない」ということです。

携帯電話やスマホを盗み見された方にとっては、何ら疑われる余地も筋合いもないのに、「不倫しているのではないか」「浮気しているのではないか」「二股をかけられているのではないか」というあらぬ疑いをかけられていること、つまり「信用されていない」ということを行動で示されたことを意味します。

夫婦関係でも交際関係でも、お互いを信用しあっていなければその関係を維持することはできません。

自分が信用している相手から、実は浮気や不倫を疑われていたということがわかった場合、相当大きなショックを受けるのではないでしょうか。

そして、そのことが原因でお互いの信頼関係に亀裂が生じてしまい、結果的には離婚や破局などの事態にまで発展しかねません。

最後に

他人の携帯電話やスマホを盗み見るということは、相手のことを信用していないという気持ちを行動に移しているということを意味しています。

もしあなたが他人から携帯電話やスマホを盗み見られた場合には、どのような気持ちになるでしょうか。

その気持ちをあなたが盗み見た携帯電話やスマホの持ち主も同じように感じています。

そのことを十分に理解し、その後に降りかかることも自業自得だと覚悟した上で、「やって良いことか、やってはいけないことか」を判断していただければと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください