別居中の生活費はどうすればよい?婚姻費用の分担とは何か

夫婦には、生活レベルが同等になるように助け合う「生活保持義務」があり、婚姻から生ずる費用を収入その他の一切の事情を考慮して分担する義務があります。

婚姻から生ずる費用には、衣食住の費用、医療費、子供の教育費、交際費などが含まれます。

夫婦が同居して円満な婚姻生活を過ごしている場合には婚姻費用の分担が問題となることはありませんが、婚姻生活が破綻し、夫婦が別居した場合には婚姻費用の分担が問題になります。

婚姻費用分担の請求

別居中であったとしても夫婦の婚姻関係が継続している限り、婚姻費用の分担義務が生じます。

婚姻費用の分担額は夫婦の協議により取り決めるのが原則です。

夫婦の協議で決まらなかったり、夫が話し合いに応じなかったりした場合は、家庭裁判所に「婚姻費用分担調停申立て」を行います。

調停で合意が成立しなければ、家庭裁判所の審判により婚姻費用の分担額が決定します。

婚姻費用の分担額

婚姻費用の分担額が法律でいくらと決まっているわけではありませんが、家庭裁判所では「婚姻費用分担額の算定表」を利用しています。

婚姻費用の分担義務はいつまでか

婚姻費用の分担は、原則としては「別居を解消し同居するまで」もしくは「離婚するまで」とされています。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください