16年目

弁護士登録して16年目に突入しました。

これまで数々のご相談や事件処理を行ってまいりましたが、そのすべての経験がわたしにとって宝物であり、今後の弁護士としての活動を支える源になることでしょう。

弁護士たるもの、どれだけ経験を積んでいようとも、修行の身であることには変わりはないと思っています。

私の父はクリーニング店を経営していましたが、父曰く「100枚のワイシャツに同じようにアイロンを掛けても、納得のいく仕上がりは1~2枚しかない」と言っていました。

残念ながら父は私が弁護士になる前に亡くなってしまったため私の弁護士としての活動を目にすることはできませんでしたが、父からの数々の言葉は私の中に根付いており、それが私の原点でもあります。

日々の研鑽を怠ることなく、相談者や依頼者のために最大限の努力を尽くしていきたいと考えております。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください