私が弁護士になるまで③

大学受験に2度失敗し、二浪が決まった後に出会った一冊の本

「民法おもしろ事典」

この本が私の人生を大きく変えることになります。

この本を見て「法律っておもしろい」と思い、「弁護士になろう」と誓った私は、さらに目標をたてます。

「これまでの大学受験では、とりあえず地元の大学に行けばいいと思っていた。だけど、高校時代に甲子園を目指したように、大学もより高みを目指して頑張ろう」

ただ、「東大・京大とか言ってると危ないから、より現実味のある大阪大学を目指す」と決意したあたりが、私の現実主義的発想でもあります。

人間って不思議なものでして、大阪大学法学部に合格し、その後は司法試験に合格して弁護士になるという目標を立てると、一浪時代にはよくわからなかった問題がすんなりと頭に入ってくるようになったのです。

それも、自分なりに「そうか、こう考えればわかりやすいんだ」と解釈することで、よりスムーズに理解できるようになったのです。

こうして二浪生活を送った私は、みるみるうちに成績が上がり、無事に大阪大学法学部に入学することができたのです。

大学に入学した後は、友人と遊びに行ったり、自宅アパートに大勢の友人が泊まりに来て雑魚寝したり、アルバイトに明け暮れたりの生活を送るなど、ある程度は大学生活を満喫し、大学3年生になってようやく司法試験の勉強を始めることになりました。

ここで、私の二浪生活が役に立ちます。

机にじっと座って勉強するということに慣れていて、一日中勉強していても苦ではなかったのです。

しかも、自分が興味を持った法律の勉強でしたから、嫌々ながら勉強しているということではなく、勉強が進むにつれて次々と知識が増えていくにつれて「おもしろい」と思うことが増えていったのです。

ただ、私はどうも「二浪癖」があるようで、司法試験に一発で合格することはなく、大学を卒業してから二浪目に司法試験に合格することができました。

司法試験に合格すると、裁判官・検事・弁護士のいずれかに進むことになりますが、私は迷わず弁護士を選びました。

それは、二浪生活という世間的にみれば「挫折」を経験しているからこそ、そしてそれが「挫折」ではなく「人生の新しい出発点」だということを身をもって経験しているからこそ、悩みやトラブルを抱えて「この先どうしたらいいのか」という不安を抱えている人に対して、「大丈夫。それは挫折じゃなくて、これから先の人生がうまくいくようになるための出発点ですよ。」と思えますし、実際にその人の人生が良い方向に進んで「頼んでよかった」と思ってもらえればそれでいいじゃないか、それは裁判官や検事には絶対に経験ができない、弁護士でなければ経験できないことだ、と思ったからです。

こういう思いで弁護士になり、かれこれ15年以上が経過しました。

まだまだ弁護士として役に立たないといけない、そう思う日々を送っています。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿