「専門は何ですか?」という質問

私が弁護士であることを知った方から

「専門は何ですか?」

と尋ねられることがあります。

いつもはこの質問に対して「専門はありません」とお答えするのですが、本日は、その意味について説明したいと思います。

弁護士が取り扱う事件の種類には、大きく分けて、金銭トラブルや交通事故などの「民事事件」、罪を犯したとされている被疑者や被告人の弁護をする「刑事事件」、離婚や相続などといった「家事事件」があります(その他にも行政事件や知的財産権に関する事件などもありますが、ここではわかりやすく説明するために列挙していません)。

これらの事件のうち、弁護士の中には、例えば「刑事事件は一切やりません」という弁護士もいらっしゃるでしょうし、「家事事件しかやりません」という弁護士もいらっしゃるでしょう。

しかし、大半の弁護士は

「民事事件も家事事件もやるし、刑事事件の弁護も国選・私選を問わずやる」

という方々ですし、私自身もそのような弁護士です。

したがって、その意味では「専門はありません」という回答になります。

ただし、弁護士は、様々な事件を取り扱っていく中で、ある分野に強い関心を持ち、その分野の知識をより深めていくことはあります。

その意味では、弁護士にも「精通している分野」「取扱いの多い分野」というものはあります。

私自身にもそのような分野はもちろんあります。

もっとも、私自身にとってみればどのようなご相談・ご依頼であっても「お困りになっている方々のトラブルを解決する」という点では同じですし、「精通している分野」「取扱いの多い分野」の依頼か否かに限らずすべての依頼者・事件を公平に取り扱いたいという考えであるため、あえて公表していません。

このようにいってしまうと、「何でも屋」という印象を持たれてしまうかもしれません。

そのことを嫌がる弁護士もいると思います。

「専門ではないということは中途半端な知識や経験しかないのではないか」というイメージを持たれてしまうかもしれないからです。

しかし、私は、あえて「何でも屋」でありたいと思っています。

私が受ける相談というのは、「この先どうしたらいいのかわからない。だけど、誰に相談したらいいのかもわからない。」という方からのものが大半です。

そのような方々をまず受け入れる立場の弁護士が

「その分野は取り扱っていません」

「その分野は専門ではないからわかりません」

としてしまうと、お困りの方々はますます不安に思われてしまいます。

ですから、私は「とりあえずお話をうかがいましょう」ということにしています。

そして、お話を聞く中で「この問題を解決するためにはどのような手段をとるべきか」を考えることになりますが、時には「この問題の解決のためには、私が取り扱わない方がかえってよい結果につながる」「私はこの分野はわからない」ということもあります。

しかし、だからといって「できません」「わかりません」とは答えません。

「自分はこの問題はできない(わからない)けど、別の弁護士なら解決できるかもしれません。その弁護士に取り扱い可能か聞いてみるけど、いいですか?」

と答えています。

私にとって大事なのは「この問題を解決するための最善の手段は何か」であって、「できない(わからない)ということを言いたくないというプライド」ではないのです。

悩みごとやトラブルを解決するためには1日でも早く弁護士に相談することが必要です。

しかし、弁護士がそのための門戸を狭くすることは本末転倒です。

だからこそ、私は、どのような問題であってもご相談を受け、解決のための筋道を立てるために「専門はありません」と答えています。

専門分野の弁護士を探すことよりも、「まずは相談すること」が解決への第一歩であるということをご理解いただければと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください